HOME > 新着情報 > 三田営業所の所長から・・・

三田営業所の所長から・・・

昨日の午前中、三田営業所の所長から1枚の写真が送られてきました。

それがこの写真です

⇓⇓⇓

アライグマ②

 

 

 

そこには 『今日とれたー』 と・・・

ん?取れた??? どいういうこと???

市から害獣駆除用の罠を借りて設置していたら、「今朝とれたー」とのこと。。。 ビックリです!!!

で、これは たぬき??? アライグマ??? と、どちらかわからない私は、調べてみました。

↓↓↓

ここ最近タヌキかな?と思った生き物がアライグマだった!なんてことが増えてきました。

アライグマは元々は日本にはいなかった北アメリカ原産の動物です。

反対にタヌキは世界的には珍しい生き物で日本や朝鮮半島、中国とロシアの一部にしか生息していません。

アライグマとタヌキを身体的特徴や外見から見分ける場合はいくつかポイントがあります。

そのポイントは『顔』『手』『尻尾』の3つです!

タヌキの顔は眉間に黒い筋がないですが、アライグマは眉間に筋があるので顔の黒い部分が繋がっているように見えます。

タヌキの足は犬とそっくりです。足跡も手のひらと指が離れているのが特徴です。

反対にアライグマの足跡は指と手のひらがくっついた状態で足跡が残ります。

アライグマは人の手のように指が長いのが特徴です。

このような形状をしていることから物を掴んだり、木に登ることができるのだと思います。

不思議なことに一般的にはタヌキの尻尾は縞々模様が入っているイメージですが、タヌキの尻尾はアライグマに比べて短い上に模様がありません。

反対にアライグマは尻尾が長くてふさふさしています。

特徴的な縞模様が入っているので道端でタヌキかアライグマかに遭遇したら尻尾を確認するのが一番簡単です。

↑↑↑

眉間に黒い筋があり指が長いので、この動物は「アライグマ」と判明しました☆

まっ、三田の所長からはすぐに「アライグマですよぉ」と返信が来ましたが・・・

でも、野生のアライグマっているんですね・・・

三田市は神戸市のベットタウンで、人口が飛躍的に増加している全国的にもうらやましい街です。ちょっと山の方に行くと、こんな野生の動物がいるんですねぇ。

みなさんもぜひ、三田へ行ってみて下さい❤

 

 

 

 

2018年 夏プレミアムセレクション
ページトップに戻る