HOME > 新着情報 > ラグビーワールドカップ

ラグビーワールドカップ

9/20(金)から日本で開幕するラグビーワールドカップ。

日本は『プールA』です。 んっ、プールAって???

地元の静岡のエコパスタジアムでも4試合行われるのに、ラグビーのルールも何もわかりません・・・

そんな風に思っている時に、協会けんぽ静岡支部のメールが実にタイムリーだったので、抜粋してアップさせていただきます。

↓↓↓

◆――――――――――――――――――――――◆

 ラグビーワールドカップ開催

◆――――――――――――――――――――――◆

 いよいよ今月からラグビーワールドカップ2019大会が日本で開催されます。前回大会において、日本代表が強豪である南アフリカ代表に対して勝利を掴んだ試合を覚えている方もいるのではないでしょうか。過去8回行われているラグビーワールドカップですが、アジアで開催されるのは今回が初。静岡県においても4試合行われますので、注目していきたいですね。

 

◆―――――――――――――――――――――――――――――――――◆

 似ているようで違う

 ラグビーとアメリカンフットボールとの違い

◆―――――――――――――――――――――――――――――――――◆

 ラグビーとアメリカンフットボール(以下、アメフト)、共にボールが楕円形をしている点や敵陣のゴールゾーンを目指していくスポーツである点など共通点が多い競技ですが、ここでは違いを一部抜粋してご紹介。

 ①防具

 アメフトではヘルメットやショルダーといった防具の着用が義務付けられていますが、ラグビーでは、防具は着用せずにほぼ生身の体でプレイします。そのため、タックルに関するルールにも差が出てきます。ラグビーでは、ボールを持っている選手にのみタックルすることが許可されており、それ以外の選手に対してはタックルを行うことができません。

 ②パス

 アメフトはボールを前に投げてパスをすることができますが、ラグビーは前に投げてパスをするのはNG。そのため、ラグビーでは、自分よりも後ろにいる選手に対してボールを投げ、パスをつなげていくということになります。

 ③得点方法

 ラグビーとアメフトともに、ゴールラインを目指してプレイしていくということは共通していますが、得点するための手段が異なります。ラグビーは敵陣のゴールラインと呼ばれる所定のラインを越えてボールを地面に置く必要があります。一方、アメフトでは敵陣のゴールラインを超えると得点となり、ボールを地面に置く必要はありません。

  今回はラグビーとアメフトの違いについて一部をお伝えしましたが、他にも色々と違いがあります。その競技のルールを知っていると観戦がより楽しくなりますね。

 

知らなかった・・・ラグビーって前にパス出来ないのね・・・

エコパスタジアムで行われる4試合は

9/28(土)には 日本対アイルランド

10/4(金)には 南アフリカ対イタリア

10/9(水)には スコットランド対ロシア

10/11(金)には オーストラリア対ジョージア

それまでにもっと勉強しようっと!!!!!

 

 

2019年 夏プレミアムセレクション
ページトップに戻る