HOME > 新着情報 > 広瀬画伯

広瀬画伯

4月に入社した広瀬さんが、またまた絵を書いてくれました。

環境エネルギー部の天野課長の依頼だったそうですが、広瀬さんが生まれるずっとずっと昔に廃線になった清水港線の絵です。

以下、ウィキペディアで清水港線を調べてみました。

↓↓↓

清水港線(しみずこうせん)は、静岡県清水市(現・静岡市清水区)の清水駅と同市内の三保駅とを結んでいた、日本国有鉄道(国鉄)の鉄道路線地方交通線)である。1980年昭和55年)の日本国有鉄道経営再建促進特別措置法(国鉄再建法)施行により第1次特定地方交通線に指定され、貨物輸送の衰退もあり、1984年(昭和59年)4月1日に全線が廃止され、バスに転換された。

↑↑↑

私の地元が終点の駅だったので、とても懐かしく、かつうれしくなりました。

以下、広瀬さんが社内SNSにアップした文章と絵です。

↓↓↓

環エネの天野課長からリクエストを頂いていた「清水港線」の絵をアップさせていただきます。
鮮やかな色が印象的な、とてもかっこいい車体だと思いながら描きました。

ん~~、実にすばらしい!!!

これを見た白井部長は、写真かと思ったそうです(笑)

で、天野課長、早速自宅に飾った写真をアップしてくれました。

とっても素敵です(^^♪

広瀬さんには、別の部署からもオファーが来ているそうなので、次はどんな絵を書いてくれるのかすごく楽しみです。

 

プレミアムセレクション どなた様にもご満足頂ける「新鮮」かつ「高品質」の食材を、数多くある商品の中から食品のプロが厳選、ご紹介いたします。
ページトップに戻る